ロードバイク・ヒルクライムレースにもアクシスメソッド

本日はロードバイクに乗られている方で、近々ヒルクライムのレースを控えている方に、アクシスメソッド(初回)を施術させて頂きました。

ヒルクライムってひたすら坂道を駆け上がるんですよね。

お話を聞いただけでとても厳しい競技だと思ってしまいました・・・(^^;

課題としては体幹の強さ、距離が伸びてくると後半膝に痛みが出てくるというものでした。

アクシスメソッドは痛みを取るためのものではありませんが、どうしてそこが痛くなるのか?
という点を身体の使い方を見極めて中心軸を作る事で解決する事も出来ます。

クライアントさんは足首が固いせいで、膝に負担が掛かってくると仰っていたので、それぞれ検査を行いました。

やはり足首は固く、股関節の動きも少し固い。

筋力をみていくと腸腰筋、内転筋の弱さが目立ちました。

ペダルを漕ぐ動作に必要な股関節の動きと脚を引き上げる為の強さ、踏み込んだ時に膝が動揺しない安定感、またそれの基になる骨盤の安定と連動性を高める中心軸が作れるポジションを選び、アクシスメソッドを行いました。

アクシスメソッド後はしっかり軸が入りました!!(当然ですが(^^; )

中でも一番驚かれていたのは『丹田(下腹部)』の軸です。

『丹田』を鍛えるのって相当大変なんですよね。。

それだけに『丹田』に軸があるかないかでは、身体の使い方に大きな差が出てきます!

アクシスメソッド後の筋力検査では、クライアントさんはさほど力を入れていなくもガッチリ力が入っているので、こちらは毎回必死です…(^^)

控えているレースで後半の膝の不安なく、ベストを尽くせるよう応援しています!

 

本日はここまでとなります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA